モザセイカツ2009-11


モザンビークに行ってきます
by pregui
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


南ア上陸

南アから帰ってきました。
たいしたトラブルもなく無事に帰ってこられたのは
南アの皆様のサポートのおかげ。本当に多謝です。

プレトリアで研修があったのですが、
基本はホテル→研修所の往復。
それでも先進国の匂いを感じてすごく楽しかったです。

南アは中古車売買が禁止されているらしく、街を走っている車がとてもキレイ。
家もモデルハウスか!って思った。すでに感覚がモザンビークだから?
b0188256_3575176.jpg

研修は全部で10カ国から来ていて、全部英語。
技術的には日本の研修でやった内容だったけど
他の国の状況が分かってとても刺激になった。
b0188256_412576.jpg

皆さんあたたかい、楽しい方ばかりで、なごむシーンもあるけど、
基本的には真面目に受けてます。
心配だった英語はポル語圏の割りには上手だね、と言われるできでした。うぅ。

移動は全てタクシー。着いたショッピングセンターの大きさに感動。
b0188256_47973.jpg

お寿司やうどん、うなぎ、天ぷら等など。。ご飯おいしかったーー。
定員の対応が早いし、料理が出てくるのも早い。

素晴らしかったです、先進国。

ちなみに近隣国ボツワナ、ナミビアもそこそこ栄えてるようで
ショッピングセンターも同じ規模があるそうです。
同じ近隣国なのになぁ。。。

参加した皆様、お疲れ様でした。
そしてサポートしていただいた皆様ありがとうございました。
[PR]

by pregui | 2010-08-30 04:17 | どっかいく

ただ今準備中

22日~28日まで、ちょっとした幸運にあたり南アに行くことになりました。

残念ながら遊びではなく、セミナーです。
その準備でかなーりドタバタしてます。

南アはモザンと違って先進国。

しかも英語。ポル英語になりそうでびびります。
南アの渡航情報や安全喚起を読んでさらにびびってます。
安全第一で行ってきます。
[PR]

by pregui | 2010-08-18 10:00 | どっかいく

あぁタンザニア

7月28日~8月8日までタンザニアに行ってきました。
端的にいうと、ものすっっっごくよかった。

7月28日7:30モザンビーク→13:45ダルエス
      ウガンダPと落ち合う。たいした感動もなく再会。
      タンザニアシリングは0が多くて戸惑う。1ドル約1500シリング。
      →アルーシャ泊

7月29日アルーシャ→セレンゲティ
      移動しただけだったけど、初しまうまやきりんをみておののく。
      描いてたアフリカがここにーー!

セレンゲティ→ポマ(マサイ族の村)
マサイ族の村を訪れた。入るときに寄付を求められる。
     歓迎のダンスと歌。写真も一緒にとってもらう。
b0188256_22575634.jpg

     村に入ると結婚してくれ、と2人のマサイ人言われた。本気か?
     以下英語がしゃべれる案内人マサイ人に聞いた話。

     彼らは水が近くにないので、家畜の血やミルクを飲んでいる。
     水をねだられる。
     野菜も食べずに肉だけ、と聞いたけど、ほんとか?
     一夫多妻制。でも同じ村内は妻は1人だけ。村も遠いのに。 
     女性は牛の糞でつくった土の家を作り、家事をする。
     男性は外敵(NPの中に村があるので、動物)から村を守る。
     体は細長くて細いのに、びょーんと高いジャンプをする。す、すごい

7月30日早朝のバルーンサファリ
      バルーンサファリ、夢でした。
      約500ドルするけど、した方がいい。てゆーかも1回したい。
      バルーン上がるまでに感動、上がって感動、
      朝日と大地に感動、動物に感動。
      
b0188256_22584472.jpg

      午後からサファリ。
      象、キリン、ヒョウ、インパラ、カバ、ジャッカル、ディクディク、
      トムソンガゼルなどなど。
      ケニアに移動してると言われてたけど、かなり見えたように感じた。
      なにせ人生初のアフリカンサファリ。動物を見れて興奮。

7月31日終日セレンゲティでサファリ。
      カバは陸上に上がると、ムーミンみたい。
      キリン想像したより毛並みがよくて、首が太短い。
b0188256_2303574.jpg

      象は広大な草原で見ると、小さく感じた。
      バッファローはおっさんのような顔をしていた。
      しまうまは腹がぽっこり出てて、超かわいい。
      ライオン、ヒョウは猫みたい。ヌーは牛みたい。
      トピの奇妙な模様(毛並み)に釘付け。

8月1日セレンゲティ→オルドバイ渓谷に。
     オルドバイ渓谷はアウストラロピテクスが発掘された世界最古の遺跡。
     グランドキャニオンの小さい版が見渡せて、小さな博物館がある。
     関野吉晴さんの自転車も置いてあって、そっちの方にちょっと感動。

     →ンゴロンゴロに移動。
     クレータードライブ。
     標高が高いため、寒い。

     ヌーとシマウマの大群に遭遇。大群の迫力に圧倒される。
     ただただ出るまぬけな言葉「わー」と「すげー」。
     
b0188256_22594052.jpg

     宿泊したSOPAロッジ、人生で泊まったホテルの中で
     部屋の広さNO1のステキなところでした。
  
8月2日ンゴロンゴロ、クレータサファリ
     ロウガンダPが見たかったサイも見れた。
     恐竜がいたらこんな感じ?
     でも、サファリカーが集まりすぎてて、
     道路を横断したいけどなかなかできないサイ。
     自分達は動物の邪魔してるんだなぁ、と実感。。

     ライオンの食事姿も見れた。ハイエナとの戦いも。
     
     シマウマやヌーの大群を見るたびに、とても平和な感じで癒されるんだけど
     その光景をはちゃめちゃにする「ライオン」来い、とずっと願ってました。
     スプラッターなどろどろの野生っていう狩りの姿がとても見たかったので。
  
     狩りは最後まで見れなかった。
     ガイドによるとサファリカーが集まったり、観光客が何を見ているかを
     頭のいい動物は察知していて、ライオンがせっかく隠れていても
     なかなか狩りは成立しないそうな。ごめんなさい、と小さく思った。
     →アルーシャに戻る

8月3日アルーシャ→ザンジバル
     空港からダラダラに乗って、ストーンタウンへ。
     ダラダラはモザンビークでいうところのシャパ。
     ここでも大活躍中古ハイエース。
     ストーンタウンからビーチへ。
     
b0188256_2344092.jpg

     ザンジバルのビーチは、モザンビーク(以上?)の海の青さと砂浜の白さ。
     自分は動物にただただ感動してたけど、ウガンダP海に大興奮。
     ウガンダは海ないもんなー。ご飯はシーフードばっかり食べた。
  
8月4日いるかツアーへ。
     船に乗って出発。ウガンダPと共に酔う。吐く。
     いるかはよく見えたけど、他の人のようには一緒に泳げなかった。
     あ、2人ともカナヅチなんで。

8月5日ストーンタウン散策。
     カンガ(布)を買って、服を頼む。
     タンザニアの布はカラフルでかわいい!
     自分の足型をつくり、サンダルを作ってもらう。
     
     ところが、夜から体調をくずし
     嘔吐、下痢、発熱。  

8月6日ずっと海みて寝る。ポカリ飲む(E君ありがとう)。
     けど、熱下がらず。
b0188256_2355274.jpg

8月7日ストーンタウンの病院へ。
     マラリアチェックもテング熱も陰性。じゃー何?
     
8月8日薬飲んだら熱が下がった。
     10:20ザンジバル→11:50ダルエス
     16:20発→21:30モザンビーク
     
後半はウガンダPには、とても迷惑かけた。本当にすまん。
おかげさまで今は元気です。

いつも旅行行くと太るけど、今回はやせた。
でも楽しかった。

そうそう、タンザニアでまたひとつ歳にをとりました。すごい幕開けだったけれど。
メールとかプレゼントくれた方、どうもありがとうございました。

最後に・・せっかくの旅なのにカメラ無しでして、、、文字ばっかりですいません。
[PR]

by pregui | 2010-08-09 07:58 | どっかいく